top of page

Encounter vol.19 レポート

2023年のご報告最終回はエンカウンターです。

エンカウンターは2014年に始めた賛美集会です。子供を産んだ直後に始めてその後も出産があったり育児をしながら企画開催していたので不定期で細く長く続けてきました。コロナ中はやっていなかったので再開して今回で3回目でした。




前回も人が多くてびっくりしたのですが、今回は開始から1階も2階も満席で、急遽通路に椅子を出してもらったりみなさんが座れるように案内したり。本当に多くの方が来られているのを見て圧倒されました。


バンドメンバーは前回と同じ。ベースは主人の堀井慶一、キーボードは山本裕太、セカンドキーボードに宮川浩二くん、ギター植木栄(ひさし)、ドラムは北海道から田中満矢が来てくれました。ボーカルは石原奏とRio(リオ)、そして私でした。サウンドにMAGの小林こうじ君が入ってくれて、音作りと録音もしてくれました。


集会の開始前にイントロでインストの演奏、そしてエンカウンター恒例の「賛美準備体操」をしてみんなで賛美しました。間に父がメッセージをしてくれました。家族で一緒にミニストリーできることは本当にうれしいことです。


写真を撮る人をSNSで募集したところ静岡から金指さんが来てくださいました。素晴らしい写真をたくさん撮っていただいて集会の思い出が残ったことがとても感謝でした。今までも本当にたくさんの方々がさまざまな方法で奉仕してくださいました。みんなで持っているものを出し合いながら礼拝を捧げることの麗しさを間近で見られたことは私にとって深い恵みです。


正直、今まではどこかで「自分の企画しているイベント」みたいに思っていた部分があったことを認めざるをえません。しかしコロナが明けて集会を再開してから3度の集会は毎回来場者が倍になりました。今回人が溢れかえるのを見たとき「これは私を超えた働きだ」と思いました。とても自分が小さく感じました。自分が引っ張っていかないとと思っていたところから、「いや、私が持つべき姿勢は神様についていく姿勢だ」と思いを改めました。聖霊のインスピレーションで大切なことを教えていただきました。


人数が多くなる働きもあれば少ないまま持続する働きもあり、働きの尊さを集まった人数で計ることはできません。今は神様がしていることに加われていることにただ感謝しています。そして気持ち新たにエンカウンターのミッションである「人が神を賛美し神と出会うことができる場所づくり」をこれからも真摯にやっていきたいと思います。


このミニストリーを通して神様が出会わせてくれたみんなとの関係に感謝です。

陰でいつも励まし支えてくれる畠山友貴奈、本当にありがとう。友貴奈のおかげ過ぎてる。


次回のエンカウンターは3月29日(金)お茶の水クリスチャンセンター8階にてです!

今まで大嶋先生のご厚意でOCCで集会をすることができました。心から感謝しています。


3月以降は新しい場所を探すことになります。土曜日に集会を持てる場所を希望しています。

まだ場所は決まっていないのでぜひ場所が与えられるようお祈りください。







これで2023年のご報告はおしまい!


2024年もよろしくお願いします!


今年は楽しむことを心がけていきたいと思っています😊


みんな、励ましを、サポートを、ありがとう!

素敵な一年になりますように!




Comments


FOLLOW ME

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black YouTube Icon

STAY UPDATED

POPULAR POSTS

TAGS

bottom of page